ニチイのベビーシッター養成講座
ベビーシッター養成講座とは

ベビーシッター養成講座で学べること

「子ども・子育て支援新制度」を盛り込んだカリキュラム

当講座では、最新の「子ども・子育て支援新制度※」に関する内容をカリキュラムに盛り込み、現在の保育事情や、子どもの発達や状況に応じたさまざまなケア方法などを学べます。子どもを取り巻く家庭や社会とのコミュニケーション力を向上させ、地域の子育てを担うベビーシッターとして質の高い保育サービスを提供できる人材を養成します。

  • 子ども・子育て支援新制度とは、「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことです。
    「少子化」や「待機児童」などの社会問題の解決を目指し、保育関連施設の充実に向けた給付制度の創設や、地域の実情に応じた子ども・子育て支援サービスの提供を目的としています。

講座修了で取得する資格

ベビーシッター技能認定

  • 講座修了時に技能認定証を交付

資格取得のメリット

「ベビーシッター技能認定」資格を取得すると、さまざまな働き方の可能性が広がります。保育施設に勤務するだけでなく、シッター派遣会社に登録できたり、個人宅と契約してフリーのシッターとして活躍したり、ご自身のライフスタイルに合わせたお仕事に就くことができます。将来、保育士資格の取得を目指すなら、その準備学習としても最適で、資格を取ってパートタイマーやアルバイトで保育施設に勤務し、経験を積むことも可能になります。

ベビーシッターの仕事内容

さまざまな保育サービスを支える担い手

ベビーシッターが活躍する場所は個人宅だけではなく、託児ルームやイベント会場などさまざまな場所で、主に1対1などの少人数保育に携わります。保育園と異なり、園や施設の教育方針による保育ではなく、保護者様の方針をそのまま引き継いでお世話をします。

  • 個人宅

    個人宅に直接伺い、子どものお世話をします。家族の一員のように仲良くなって、アットホームな雰囲気でお仕事できるのが魅力です。

  • 学童保育所

    仕事などで留守の親に代わって放課後の小学生を指導員としてお世話。宿題をみたり、おやつの準備など子どもたちの成長を支援します。

  • ファミリーサポートセンター

    各自治体が運営しているセンターにてお仕事の情報が提供されます。地域に密着した形で育児サポートを求めるお母さんを手助けします(地域によっては行っていない自治体もあります)。

  • 託児ルーム

    デパート、ホテルなど身近なところにあり、短時間だけ気軽に利用できる託児ルーム。イベント会場、スポーツクラブ、結婚式場などいろんな場所で活躍できます。

女性の社会進出に伴い、ベビーシッターの需要が増加中!

ベビーシッターは、女性の社会進出によって、さまざまな保育サービスの一つとしてニーズが高まっています。また、行政も保育施設の増設や待機児童対策などの後押しを行い、子育て支援を推進中。さまざまな保育サービスの中で、ニーズに合わせて柔軟に対応できるベビーシッターの需要は拡大中です。

PAGE TOP