2018年03月30日

資格なしでも医療事務の仕事に就くことはできる?

医療事務の求人には、無資格でも未経験でも応募できるものがありますが、資格取得を目指す人もたくさんいます。求人側の思惑や現場の状況、また応募者の実情などもふまえて、どうして医療事務資格を持っていたほうがよいのか、検証してみましょう。

医療事務の仕事に興味があるけれど...

医療事務の仕事に興味はあるけれど、どうすればなれるんだろう、仕事の内容はどんなものなのだろうと思っている人は多いでしょう。
医療事務の仕事内容は勤務先によっても違いますが、一般的に、病院での受付業務や医療保険の請求に関わる業務など、医療に関わる事務手続き全般です。

cl006_01.jpg

資格がなくても医療機関の求人に応募して、面接に合格すれば、未経験でも医療事務の仕事に就ける可能性はあります。では、実際に医療事務の仕事に資格は必要なのでしょうか?

医療事務の仕事に資格は必要?

cl006_02.jpg

結論から言うと、医療事務の求人募集は未経験歓迎のものも存在しますので、資格がなくても就業できる可能性はあります。しかし、資格を持っているほうが有利だといえるでしょう。ここでは、その理由を説明します。

資格があれば、現場で即戦力として受け入れられやすい

医療事務の仕事には、資格がなくても就くことができますが、その場合は採用が決まって、実際に働き始めてから、周りの指導や協力を仰ぎつつ知識を増やしていくということになります。新人教育に力を入れているような、人員的にゆとりのある職場なら採用の可能性もあるでしょうが、少人数で効率アップを狙っている職場の多い昨今、即戦力として活躍できる人材が求められる場合が増えているので、資格を持っているかどうかが、採用の大きな分かれ目になることは明らかです。

医療事務として働くチャンスを確実にものにしたいのであれば、資格を取得しておくことは、採用選考を突破するうえで、大きな武器となるでしょう。

医療事務資格を持っていれば、採用担当者にアピールしやすい

実際に医療現場を取り仕切る医療事務運営のプロによると、「病院などで採用を担当するのは現役で医療事務に携わっている医事課の職員が多いため、応募者の履歴書に書かれた資格を見れば一目瞭然、実力の程度がわかりますし、応募者にとっては、それがアピールポイントになるでしょう」とのことでした。

採用試験に至るまでの段階で有資格者が有利なのは言うまでもなく、また仕事を始めてからも、即戦力となれるかどうか、同僚と良い関係が築けるかどうかは、資格取得に向けて習得した知識にかかっています。

医療事務「未経験」でも採用に一歩近づけるのが資格保有

医療事務の採用を考えている個人経営の医院などでは、事務系職員は少数精鋭。できれば他院での経験がある人を採用したいと考えているでしょう。そんななかで他の応募者に勝つためには、やはり医療事務の資格があったほうが有利。実際に試験に合格した学習の成果を見てもらえるのと同時に、どれだけ自分がこの仕事に就きたいかということを、自然にアピールできます。最初は誰でも「未経験」ですが、はじめの一歩を踏み出すために、資格保有が効果を発揮することは間違いありません。

医療事務の仕事をするなら、資格はやはり取得しておきたい!

資格がなくても働ける医療事務の仕事ですが、この仕事に就きたいとう漠然とした気持ちから、採用状況について調べ、医療現場の実情を知るにつれ、やはり医療事務の資格は必要であると考える人は多いようです。

現在の仕事や家事、子育てと両立しながら資格を取得したいという場合は、通学コース・通信コースといった選択肢がある、教育講座の受講がおすすめです。あなたのライフスタイルに合わせてムリなく、でも将来を見据えて着実に自分をステップアップさせてくれる講座を選びましょう。

cl006_03.jpg
PAGE TOP