ニチイの介護予防運動指導員養成講座
介護予防運動指導員養成講座とは

介護予防運動指導員養成講座で学べること

プログラム立案から運動指導まで、介護予防のスペシャリストを目指します

介護現場では予防の取り組みがスタンダードとなっていますが、介護予防運動を指導できる介護職員は不足しています。介護予防運動指導員養成講座では、介護予防プログラムの立案や、マシントレーニング、転倒予防体操、尿失禁予防運動の指導など、介護予防に必要な知識とスキルを習得し、介護予防のスペシャリストを目指せます。

講座修了で取得する資格

介護予防運動指導員

  • 講座修了時に登録証交付

資格取得のメリット

介護保険制度の改正で予防が重視されるようになり、現場では予防に関する専門的な知識とスキルを持った介護職員が求められています。そのスキルを持つ証でもある介護予防運動指導員登録証の所有者は就職や転職に有利で、予防活動の中心的な存在として活躍が期待されています。

学習・資格取得した場合
就業するとき 介護予防の知識やスキルを持っていることの証明になるので、就職や転職のときに有利です。
就業してから 即戦力として働くことができ、周囲からの信頼を得やすくなります。また、介護予防の知識とスキルがあることで、ステップアップを望めます。
転職・休職 介護予防運動指導員は介護予防の知識とスキルを持っている証なので、転居先での就業や、産休明け復帰のときでも安心です。

介護予防運動指導員の仕事内容

専門知識をもとに、運動プログラムの立案や指導をする介護予防のスペシャリストです

要介護状態の軽減や悪化の防止など、高齢者ができるだけ自立した生活を送れるようにサポートするのが「介護予防運動指導員」のお仕事です。
専門的な知識にもとづいて、一人ひとりの日常生活に合わせたプログラムを立案し、マシントレーニングや転倒予防体操、尿失禁予防運動などの運動指導を行う、介護予防のスペシャリストです。

具体的な業務の例

  • プログラム立案

    一人ひとりの日常生活の目標に合わせて、介護予防のプログラムを立案します。必要な場合には、医療や福祉の専門職と連携を図ることもあります。

  • 運動指導

    マシントレーニングによる筋力増強や転倒予防体操、尿失禁予防運動、バランス運動などの指導を行います。自ら実践することも必要で、基本的な知識が求められます。

  • 事前評価 事後評価

    介護予防プログラムの効果を明らかにするため、事前評価と事後評価を行います。

  • 他専門職との連携

    プログラムの実施にあたり、医療・保健・福祉の専門職と連携を図りながら、お客様の健康をサポートすることもあります。

本講座に興味がある方はこちらから
お電話のお問い合わせはこちら
0120555212
PAGE TOP