ニチイのメディカルドクターズクラーク講座

メディカルドクターズクラーク講座とは

メディカルドクターズクラーク講座で学べること

ドクターズクラークに必要な知識を学び、受講後は資格取得も目指せる講座です

ドクターズクラークに必要な医療事務の基礎知識や、ドクターをサポートする際に必要な専門知識やスキルを習得し、即戦力として活躍できるドクターズクラークを目指します。

講座を修了すると医師事務作業補助技能認定試験の受験要件を満たせるので、「ドクターズクラーク®(医師事務作業補助)」と「メディカルクラーク®(医科・医療事務)」のW資格の取得を目指せます。

講座修了後に受験して取得する資格

ドクターズクラーク®(医師事務作業補助)/メディカルクラーク® (医科・医療事務)
  • 受験が必要

資格取得のメリット

ドクターズクラーク®(医師事務作業補助)資格は医師の事務作業を代行できる専門的な知識やスキルを持つことの証明になります。そのため、ドクターズクラークとしてスキルアップできるだけでなく、就業にも有利です。

  学習・資格取得した場合 学習・資格取得していない場合
就業するとき 医師の事務作業を代行する専門的なスキルを持つ証になるので、就業に有利です。また、ニチイなら修了生への就業サポートもあります。 未経験の場合は、就業に時間がかかることがあります。また、希望の条件での就業が難しい場合もあります。
就業してから スキルを習得しているため、即戦力として活躍できます。また、職場でステップアップしやすくなります。 専門知識が必要なお仕事のため、指導を受けながらの勤務では、不安を感じる場合があります。
転職・休職 高いスキルを習得しているため、転職や産休明け復帰などの際も安心です。また、ニチイなら就業サポートもあります。 転居や出産によるブランクなどがあった場合、希望する職場への就職が難航する場合があります。

ドクターズクラークの仕事内容

医師の事務作業を代行し、医師が診察に専念できる環境づくりを担います

ドクターズクラークは、これまで医師が行ってきた診断書などの文書作成、処方せんの作成、検査の予約などの代行が主なお仕事です。医師が診察に専念できる環境づくりを担い、「医療現場の質の向上」に貢献する重要なお仕事です。

医師の事務作業を補助するドクターズクラークの配置が評価の対象となったため、医師事務作業補助者の配置を進める病院も増えており、将来性があるお仕事として注目されています。

具体的な業務内容の例

  • 文書作成

    診断書、処方せん、紹介状などの文書作成を、ドクターの指示のもとで行います。

  • 入力代行

    電子カルテの入力や、検査や処方などのオーダー入力、検査結果などの出力を行います。

  • 医療の質を高める

    診察に関するデータ整理やカンファレンスの準備、院内の統計や調査などを行います。

  • 行政への報告

    救急医療情報システムへの入力や、感染症のサーベイランス事業に関わる入力などを行います。

「医師事務作業補助者」の配置を進める医療機関が増えています

厚生労働省は2008年4月、病院勤務医の負担軽減を目的として、ドクターの事務作業を補助する「医師事務作業補助者」の配置を評価の対象としました。また、2016年には対象病院の範囲が拡大され、「医師事務作業補助者」のニーズは、さらに拡大傾向にあります。

ドクターズクラークの配置でドクターが医療行為に専念できれば、「医療現場の質の向上」が期待できるため、医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)は、将来性が高いお仕事として注目されています。

本講座に興味がある方はこちらから
お電話のお問い合わせはこちら
0120555212
PAGE TOP